いずれはふぇれ荘もなくなるんかなぁ…

昔のdiscordのいかにもオタクな感じの売り込み方が好きだったのに!

長引くコロナで大衆受けを重視したきれいなdiscordになってしまった

今更だけど
今のななゆー(ゆー)のアイコンと昔のアイコン(charat)印象違う
すごく女性らしくなった
そのせいか昔と今のななゆーが同一って認識あんまりない

ロストカラーズ(自転車創業)というゲームに出てくるお姫様(名前忘れた)に似てる
[youtu.be/lyrZID_81Vk?t=18『ロストカラーズ/限定再装版』PV - YouTube]

言いたいことだいたい言えた。
わかって欲しいと感じるのが私の業なのだろうけど
死ぬまでに手放せればいいな。

情(愛憎)で考える癖があると気づいたので
合理的に(損得で)考えたり
理論的に(理屈が通るか)考えたり
好きか嫌いや勝ち負けで考えたりと複数の面から考えるようにしてみたら

これは深追いしても無駄(損)やな~
この人の考えは好きではない(合わない)から関わるのはもういいか…
ここはこうすれば面白い(理屈が通る)
(無茶苦茶言うてるなー)負けんぞーとか
見方が柔軟に変えられるようになった。

感情や思考も目的の遂行(生存に役立てる)に使えばいっか、こだわる必要はないんやって。

資源があるか、ないかではなくて
今が楽しいかどうか・自由にやれるか・創意工夫の余地があるかでそこにはすべきも比較もない。

制約を楽しむ事ができれば生きるのはさほど苦ではなくなるのだろう。

"生きる意味がないからこそ生きる価値がある" という考えは尊い。

偉業を成し遂げても
力を誇示しても
皆に愛されても
欲するものを手に入れても
いずれは人は死ぬ。

どれだけ恵まれていても人は悩む。
それが生存のためならば
私がわざわざ付き合ってやる必要はないのだと思う。

強い喜びや快楽を感じたり
それを欲する感情が生じるのは
痛みを感じている状態の裏返しなのだと思う。

精神バランスのためか
生存に有効な行動を選択させるためなのかはわからない。
扁桃体が活発に動いてどちらも強く感じるのかも。

痛みを感じなくなれば強い喜びは必要がない。少なくとも私はそう思う。

何かを強く欲したり、強く感じたりしなくなった。

生まれてから、平穏?であった経験がないのでわからないけど
自分の行いは間違いではないのだろう。

きっとこれでいいのだと思う。

本を読み、たまに運動して
お腹が空いて食事をする。
睡魔に襲われたら眠る。
ただただ、時間が流れる。

生きていて平穏を感じるのは
平穏でない瞬間に支配されているからなのかも知れない。

最近は平穏を感じることもなくなった。

何事にも適切な距離があるのだなとわかってきたけれど、それを保つのが難しい。

未熟なので、対象と関わるとネガティブに感じる時は対象を忘れてしまうことでしか距離を取れない。

みんなのアイコンが変わりすぎて認識できない

相手のことわかってて
なお自分からの視点で話するみたいなの好き

彼がそれを食べようか?
いや食べまい

Show more
felesitas.cloud

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!