書籍は著者や発行元の責任やある程度は体系的な情報がまとまっているのに対し、インターネットの情報は責任の所在はわからないことが多いし体系的かと言われりゃ大半はそうではない。一方書籍は発行や改定の手間がありいちいち更新していられないのに対し、インターネットはデジタルなので改変が容易。

Follow

つまりどっちもいいところ悪いところがあるので、一概にどちらがいいとは言うべきではないと思う

Sign in to participate in the conversation
felesitas.cloud

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!